日本にとってのサービス業とは その1

日本にとってのサービス業とは その1

サービス業というのは、その提供する価値が否定形であり、無形であるから評価、値付けというものがとても難しいものだと思います。一口にサービス業といってもいろいろあり、飲食店にいけば、飲食する以外の部分、例えばドリンクバーの部分や定員の態度などは無形のサービスです。それから、遊園地などのテーマパークにいたっては、そこでどれだけの、無形の感動を与えられるか、楽しさを提供できるか、というところに価値があり、相手がどれくらい思ってくれるかで、その価値が決まるといってもかごんでは ないです。もう一度、いってみたい、提供を受けてみたいと思わせるほどの何かを与えてこそ、サービスへの対価の額が決まるのです。不況の中、どのようなものも値段が下がっているのかというとそうでしゃなく、活況のテーマパークや遊園地は値上げができている状況なのです。

西宮市 不動産 物件

千葉へ行き歯科会社を探す

銀座駅にある駐車場会社はここ

ページ一覧

  • TOP
  • 日本にとってのサービス業とは その2
  • 開業医の特徴について ☆1★
  • 開業医の特徴について ☆2★